暮らしに関係する判例集

裁判の判決文の要旨を紹介し、法律がどのように使われているか(適用がどう行なわれているのか) 簡単(簡易)に見られるようにしました。取り上げている判決は、原告が個人である裁判です。我が国の裁判は、3審制と言って、原則として、3回の審理(一部できない場合があります)ができることになっています。ここでは、第2審以降については、控訴という訴えの場合は控訴人、上告という訴えの場合は上告人が個人となるケースを取り上げています。判決文の原文全部をご覧になるのをお勧めしますが、長文が多いので時間がかかります。さらに、一般の方ではやや理解しにくいので、省略等したりして、読みやすい(垣間見る(かいまみる)ことができる)ようにしました。参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

カテゴリー

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 暮らしに関係する判例集. All rights reserved